写真

<日・広>ウイニングボールを手に栗山監督と写真に収まる吉田輝(撮影・高橋茂夫)

担当記者として、わずかな言葉の変化に気づいた。12日に札幌ドームで行われた広島戦で日本ハムのドラフト1位ルーキーの吉田輝星投手(18)がプロ初登板初先発で初勝利。試合後、賛辞を並べていた栗山英樹監督(58)が最後に「もっともっと天井が高い投手だと思う」と語った。栗山監督は将来有望なスター選手については1年目から積極的に出場機会を与える。金満補強を行わず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング