オリックス・小田、決勝の中犠飛「最低限の仕事が出来て良かった」

スポニチアネックス / 2019年6月19日 22時0分

◇交流戦オリックス4―3巨人(2019年6月19日東京D)決勝の中犠飛など2打点の活躍を見せたオリックス・小田はお立ち台で開口一番「ピッチャーが粘ってくれたので、何とか勝てました」と話した。リードを3点に広げた4回の右翼への適時二塁打の場面を「自分の前に大城がタイムリーを打ってくれたので、思いっきり打ちにいくだけでした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング