世界1位でも不安 挑戦を続ける桃田賢斗のバド愛

スポニチアネックス / 2019年6月25日 9時34分

【カトパン突撃!東京五輪伝説の胎動】バドミントン男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(24=NTT東日本)はとことんまでシャトルを追いかける。「ほかに気分転換はいらない。楽しくて仕方がない」とオフも休まずコートに向かうバドミントン愛は本物だ。加藤綾子アナウンサー(34)の直撃には意外な“グミ愛”も披露。本音たっぷりのトークラリーは必見です!――成績的には同じなのに2週目に勝った方が印象がいいんですね(笑い)。強みはなんですか?「負けず嫌い。スディルマンの負けも次に勝つまで残る。悔しさは持続できる方で逆にエネルギーになってると思います」――五輪への思いは?「目の前の一つ一つを全力でやって…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング