写真

<ウィンブルドン選手権第10日 錦織圭・フェデラー>フェデラー(左)と健闘をたたえ合う錦織圭(撮影・小海途 良幹)

◇テニスウィンブルドン選手権第9日(2019年7月10日英ロンドン・オールイングランド・クラブ)男子シングルス準々決勝が行われ、第8シードの錦織圭(29=日清食品)は第2シードのロジャー・フェデラー(37=スイス)に6―4、1―6、4―6、4―6で逆転負けした。同種目の日本勢で1933年大会の佐藤次郎以来86年ぶりの聖地4強進出はならなかった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング