サヨナラ負けの阪神・矢野監督「決めるところで決められていない」打線に苦い表情

スポニチアネックス / 2019年7月16日 22時1分

◇セ・リーグ中日3―2阪神(2019年7月16日ナゴヤD)阪神は今季3度目のサヨナラ負けで5連敗、中日戦は泥沼の6連敗となった。今季初登板の松坂から3回までに2点を奪ったが、打線はその後の中日中継ぎ陣の前に無安打。投手陣は粘りの投球を見せていたものの、2―2の9回1死満塁で4番手の小野がアルモンテに押し出し四球を与え万事休すとなった。矢野監督は「ランナーがいて決めるところで決められていない。そういうところが結果、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング