巨人・新助っ投デラロサにアクシデント 青木の痛烈ライナー直撃で降板

スポニチアネックス / 2019年7月17日 21時29分

◇セ・リーグ巨人―ヤクルト(2019年7月17日神宮)巨人の新助っ人・デラロサがアクシデントで降板した。デラロサは4―5と1点ビハインドの8回に4番手で登板。150キロ台後半の直球を連発していたが、2死二塁から青木の痛烈なライナーが足を直撃。打球は一塁方向へ大きくはね、内野安打となった。足を引きずりながら痛がるデラロサを見て、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング