藤井聡太七段 16歳最後の対局は白星 王将戦2次予選で佐藤康光九段破る

スポニチアネックス / 2019年7月18日 18時19分

将棋の第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)2次予選は18日、東京・渋谷区の将棋会館で2次予選の開幕局を行い、先手番の藤井聡太七段(16)が141手で初手合いの佐藤康光九段(49)を破った。19日に17回目の誕生日を迎える藤井は、通算タイトル獲得13期を誇る佐藤を相手に得意の角換わりには持ち込めなかったものの、序盤は桂損の代償として常に歩得となる展開。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング