藤井聡太七段 16歳最後の対局は白星も「終盤は負けかとも思った」この1年は「試行錯誤」

スポニチアネックス / 2019年7月18日 20時17分

将棋の第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)は18日、東京・渋谷区の将棋会館で2次予選開幕戦の1局を行い、19日に17歳の誕生日を迎える藤井聡太七段(16)が141手で初手合いの佐藤康光九段(49)を破った。――本局を振り返って。「バランスを取るのが大変な展開になってしまった。飛車が安定せず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング