甲子園ベスト8出そろう 奥川擁する星稜は仙台育英と対戦、関西の2校は初の準々決勝

スポニチアネックス / 2019年8月17日 20時13分

第101回全国高校野球選手権の3回戦がすべて終わり、準々決勝の組み合わせが決まった。18日に行われる準々決勝第1試合は明石商(兵庫)―八戸学院光星(青森)、第2試合は中京学院大中京(岐阜)―作新学院(栃木)。第3試合は星稜(石川)―仙台育英(宮城)、履正社(大阪)―関東一(東東京)の組み合わせとなった。明石商は初、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング