マー君、悔しい7敗目も“タフさ”出せた「収穫は多かった登板」

スポニチアネックス / 2019年8月23日 14時49分

◇ア・リーグヤンキース3―5アスレチックス(2019年8月22日オークランド)ヤンキース・田中将大投手(30)は22日(日本時間23日)のアスレチックス戦に先発して6回を投げ、8安打5失点、2四球5三振で、7敗目(9勝)を喫した。防御率は4・68となった。日本投手初となる6年連続2桁勝利は次戦以降にお預けとなった。「初回が全てだったかなと思います。四球も複数出し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング