写真

<広・中>サヨナラ打を打たれガックリとベンチに戻る藤嶋(撮影・奥 調)

◇セ・リーグ中日2―3広島(2019年9月12日マツダ)中日は今季11度目のサヨナラ負け。2―2の9回、5番手・藤嶋が1死一、二塁から堂林にサヨナラ打を浴びた。若き右腕は「大事なところで…自分の実力のなさ」と声を震わせバスへ乗り込んだ。ただ、敗因につながったのは打線の得点力不足。6回に代打・堂上の2点適時打で追いついたものの、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング