阪神・横田、脳腫瘍から復帰も実戦出場かなわず引退 セレモニーも検討

スポニチアネックス / 2019年9月22日 5時46分

阪神・横田慎太郎外野手(24)が、今季限りで現役を引退することが21日、分かった。将来の中軸候補として期待された大型外野手は、17年に脳腫瘍を患い半年間の闘病を経験。復帰後は1軍の舞台を目指して不屈の精神でトレーニングを続けてきたが実戦出場もかなわなかった。野球を愛し、すべてを捧げてきた生粋の「野球少年」が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング