【砂村光信 視点】フィジカル勝負で“完勝” 南ア戦も守備の連係がカギ

スポニチアネックス / 2019年10月14日 7時57分

◇ラグビーW杯20191次リーグA組日本28―21スコットランド(2019年10月13日日産ス)フィジカル勝負で負けず、ディフェンスで相手を機能不全にした。勝因はこれに尽きる。常に低いタックルで、1対1の場面では前へ行かせず、スコットランドはボールを回すほど後退するはめになった。姫野に飛ばされた選手が肘打ちをアピールしたのが象徴的で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング