阪神・ジョンソン猛虎愛「今までの野球人生の中で一番楽しかった1年」去就は未定も…

スポニチアネックス / 2019年10月15日 5時41分

クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(S)での敗退から一夜明けた14日、阪神ナインはそれぞれ帰途に就いた。来日1年目で絶対的なセットアッパーとして貢献したピアース・ジョンソン投手(28)は去就未定とともに「猛虎愛」を強調し、米国へ帰国した。言葉の節々から猛虎愛があふれ出ていた。帰国の途に就く前に東京都内の宿舎で報道陣に対応したジョンソンは「来年のことは具体的に何も決まっていないので何も言えない」と明言を避けた後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング