坂本花織2位、樋口新葉は3位発進 GPシリーズ開幕、スケートアメリカ女子SP

スポニチアネックス / 2019年10月19日 14時40分

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカは18日(日本時間19日)に開幕、女子ショートプログラム(SP)で昨季の全日本選手権女王の坂本花織(19=シスメックス)は73・25点の2位、18年世界選手権2位の樋口新葉(18=明大)が自己ベストの71・76点で3位、山下真瑚(16=愛知・中京大中京高)は46・21点の12位だった。昨年の全米選手権覇者のブレイディ・テネル(21=米国)が自己ベストの75・10点で首位に立った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング