宮原知子「まさか2位になれるとは…」 中国杯から笑顔の帰国

スポニチアネックス / 2019年11月11日 20時12分

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、中国杯で2位に入った宮原知子(21=関大)が11日、笑顔で帰国した。「まさか2位になれるとは思ってなかったので凄くうれしい。4位ぐらいかなと思って入ったので。あとは自分のできることをやった上でどれだけ点数が出るかということになると思います」優勝した15歳のシェルバコワらロシア勢の演技に現時点での力差を感じながらもカナダ・トロントでの練習の成果には大きな手応えを感じている。ロシア杯出場のため休む間もなく荷物の整理だけをして再び離日する強行軍。自身初体験となる連戦から新たな成果引き出す。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング