羽生結弦SP2位「自分の実力不足」コーチ不在も言い訳せず

スポニチアネックス / 2019年12月6日 6時58分

◇フィギュアスケート・GPファイナル第1日(2019年12月5日イタリア・トリノ)男子ショートプログラム(SP)が行われ、3年ぶり5度目の優勝を狙う羽生結弦(ANA)は97・43点で2位発進となった。「秋によせて」の後半に、まさかの落とし穴が待っていた。4回転トーループの着氷が乱れ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング