沢尻被告“やっぱり薬物使っていた”…LSD紙片押収、起訴決め手に

スポニチアネックス / 2019年12月7日 6時4分

合成麻薬MDMAなどを所持したとして東京地検は6日、女優の沢尻エリカ容疑者(33)を麻薬取締法違反罪で起訴した。沢尻被告は保釈保証金500万円を納付し同日夜、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。自宅からは合成麻薬LSDが押収されていたこともこの日、判明。MDMAと合わせて所持罪に問われた。沢尻被告がこれらを使用していたこともスポニチ本紙の取材で分かった。沢尻被告の自宅からは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング