沢尻エリカ被告 異例のスピード保釈の裏にあった“無罪請負人”初動の早さ

スポニチアネックス / 2019年12月7日 7時2分

◇沢尻エリカ被告麻薬取締法違反罪で起訴、保釈沢尻エリカ被告(33)は起訴から5時間、保釈決定から2時間という早さで勾留先の警視庁湾岸署を出た。過去の著名人の逮捕事件では起訴の翌日以降になることが多かった。今年3月にコカインを摂取したとして逮捕されたピエール瀧(52)は、保釈申請が起訴の翌日。保釈はその翌日だった。5月に大麻の所持で逮捕された田口淳之介(34)も起訴翌日に申請し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング