羽生、逆転ならず2位 4回転4種5本着氷も…チェンが世界最高得点でGPファイナル3連覇

スポニチアネックス / 2019年12月7日 22時2分

◇フィギュアスケートGPファイナル第3日(2019年12月7日イタリア・トリノ)フィギュアスケートのGPファイナルは7日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(25=ANA)は4回転4種5本を着氷させたが、194・00点で合計291・43点。ネーサン・チェン(20=米国)に及ばず2位となった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング