森保J、E―1選手権初戦で中国に勝利 武蔵初ゴールで先制 2点目はG大阪ホットライン、三浦も初弾

スポニチアネックス / 2019年12月10日 21時24分

◇E―1選手権日本2―1中国(2019年12月10日韓国・釜山九徳)東アジア王者を決めるE―1選手権は10日、韓国・釜山で開幕し、森保一監督(51)率いる男子日本代表は初戦で中国と対戦。3―4―2―1システムのシャドーの位置で先発したMF鈴木武蔵(25=札幌)の代表初ゴールで前半29分に先制すると、後半25分にはDF三浦弦太(24=G大阪)の代表初ゴールで追加点を挙げて2―1で勝ち、白星スタートを切った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング