チェリッシュ悦ちゃん 「印環細胞がん」だった 胃を全摘出も「運がいいとしか言いようがない」

スポニチアネックス / 2019年12月12日 5時46分

胃がんのため8月に胃を全摘出していたことを9日に発表した夫婦デュオ「チェリッシュ」の松崎悦子(68)が11日、東京・練馬文化センターで行われたコンサートで復帰した。開演前に夫の松崎好孝(70)と共に取材に応じ、がんの中でも悪性度が高い「印環細胞がん」だったと告白。初期だったため化学療法なしで治療できているが「最初聞いた時は半年後に亡くなってるかと思った。運がいいとしか言いようがない」と話した。異変を感じたのは7月。左側の腸付近に違和感を覚え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング