貴景勝、1敗守り首位キープ 豪栄道は5敗目 高安は大関復帰へ崖っぷち

スポニチアネックス / 2020年1月19日 18時4分

大相撲初場所8日目は19日、東京・両国国技館で行われ、大関・貴景勝が隠岐の海を寄り切りで下し、7勝1敗で首位をキープした。9度目のカド番となる大関・豪栄道は阿炎にはたき込みで敗れ、3勝5敗となった。関脇・高安は北勝富士と対戦するも、押し出しで5敗目を喫し、大関復帰へ後がなくなった。新関脇・朝乃山は平幕・正代のすくい投げに屈し3敗目。正代は1敗を守った。平幕・遠藤は粘りの相撲を展開したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング