日本水連の坂元要専務理事が五輪代表選考会を兼ねた4月の日本選手権(2~7日、東京アクアティクスセンター)がドタバタ劇の末に中止になった内幕を明かした。26日に電話で取材に対応。「ドタバタした感じもするが、理事会後には(日本選手権を)やるつもりでした。現場を混乱させたとは思っていないが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング