写真

ファイナル3連覇のあとジャクソン監督との関係がこじれた故ブライアント氏(AP)

2003年シーズンの開幕戦直前。練習場の監督室でビデオを見ていたフィル・ジャクソン監督に向かってコービー・ブライアントはこう切り出した。「もう彼は終わっていますね」。英語では「Hepoppedoff」。直訳すると「出て行く」「見えなくなった」だが「死んだ」という意味もある。ジャクソンは最初その「He」が誰なのかすぐにはわからなかったと言う。それでも時間の経過とともにそれがオニールであることを理解。なぜならブライアントが新聞に書いてある記事を話題にしてきたからだ。そこにはオニールの「今季のレイカーズは躍進する」という予想が書かれてあった。しかもコメントの最後はブライアントについてのもので「完調に… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング