マイケル・ジョーダン氏が110億円を寄付 人種差別撲滅のための啓蒙活動

スポニチアネックス / 2020年6月6日 9時43分

NBA元ブルズのスーパースターで、現在はホーネッツのオーナーを務めているマイケル・ジョーダン氏(57)と、ナイキ社のサブブランドとなっている「JORDANBRAND」が5日、人種偏見の撲滅と社会正義に貢献している団体に、今後10年間で1億ドル(日本円で約110億円)を投入していくという声明を発表。「これは人種問題に論争を巻き起こそうとするものではない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング