現役最年長・桐山九段、当面1年間の現役続行決定 崖っぷちの一戦で勝利

スポニチアネックス / 2020年7月7日 17時56分

現役最年長棋士の桐山清澄九段(72)が7日、大阪・関西将棋会館で第33期竜王戦5組残留決定戦に臨み、井手隼平四段(29)に千日手指し直しの末、100手で勝って当面1年間の現役続行が決まった。5組残留が決まった桐山は来期の34期、6組へ落ちれば引退。5組残留以上なら35期も指せるが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング