ヤンキース・田中 経過は良好も指揮官は「日々状況を見ていかないと」

スポニチアネックス / 2020年7月8日 5時53分

ヤンキース・田中は本拠の室内で体を動かした。4日(日本時間5日)に頭部に打球を受け、軽度の脳振とうと診断を受けたが、アーロン・ブーン監督によると、約20分フィットネスバイクをこいだ。心拍数が上がっても症状や影響は見られなかったという。「また重要な一歩を踏み出した。経過は良好だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング