史上3度目、1日にサヨナラ本塁打3本!全て1点差決着は3年ぶり

スポニチアネックス / 2020年7月11日 5時56分

ビシエド(中)が広島戦、ロドリゲス(オ)が日本ハム戦、柳田(ソ)が楽天戦でサヨナラ本塁打。1日にサヨナラ本塁打3本は67年9月10日に藤井栄治(神)、高木守道(中)、鎌田豊(広)、19年9月4日に田村(ロ)、山田哲(ヤ)、筒香(D=現レイズ)がマークしたのに続き史上3度目だ。それぞれの1日の試合数は67年が12試合、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング