藤井七段、はじめての封じ手 冷静な17歳が署名し忘れ…珍しくバタバタ

スポニチアネックス / 2020年7月14日 5時40分

木村一基王位(47)に藤井聡太七段(17)が挑む将棋の第61期王位戦7番勝負第2局は13日、札幌市のホテルエミシア札幌で第1日を行い、藤井が40手目でタイトル戦初の「封じ手」を経験し、指し掛け(第1日終了)となった。両者とも初日としては早い仕掛けを見せたが盤面は拮抗(きっこう)状態。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング