写真

女子200メートル個人メドレー決勝、日本新記録で優勝し笑顔の大橋悠依

◇競泳日本短水路選手権最終日(2020年10月18日東京辰巳国際水泳場)25メートルプールで争われ、女子200メートル個人メドレーで大橋悠依(25=イトマン東進)が2分5秒09の日本新記録で優勝した。自身の持つ記録を0秒20更新。25歳の誕生日に結果を出し「とてもうれしい。25歳の誕生日に良いスタートが切れたと思います。2分4秒台までいければ100%良かったですが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング