写真

アジア競技大会の公開競技として採用された『StarCraft II: Legacy of the Void』 ※この画像はサイトのスクリーンショットです(StarCraft II: Legacy of the Void公式サイトより)

国際オリオンピック委員会のトーマス・バッハ会長が、eスポーツのオリンピック競技化について、「ありえない」との見解を示し、話題となっている。アジア競技大会2018が開催中のインドネシアのジャカルタでAP通信の取材を受けたバッハ会長は、「暴力や差別を助長する可能性があるゲームをオリンピックの競技にすることはできない」「殺人的なゲームはオリンピックの考え方と矛盾している」などの見解を述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング