写真

tabizine.jp

古い資料を調べていると、江戸時代の旅行者が旅の食料として、糒(ほしいい)、あるいは干し飯を携帯して食べていたという記述がありました。 見慣れない漢字なので漢字辞典を調べてみると、「ほしいい」という読みの漢字は5つ。対応の字の語源の解説には、見た通り「米を備えてとっておく」という意味から来ている言葉だと書かれていました。 そこで今は平成の現代ですが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング