「土俵降りて」相撲協会の呆れた危機管理【二宮清純のスポーツ一刀両断】

日刊大衆 / 2018年4月17日 7時15分

京都府舞鶴市で行われた大相撲春巡業において、土俵上で倒れた市長に女性看護師が救命処置を施したところ、「女性の方は土俵から下りてください」と場内アナウンス担当の行司が3回もアナウンスした一件が、大きな波紋を広げている。相撲協会の八角理事長は「行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング