長野、内海、村田…「巨人軍」に捨てられた男たち

日刊大衆 / 2019年1月22日 6時15分

巨人ファンならずとも衝撃的な“人事”だった。 今季、FAで巨人へ入団した炭谷銀次朗、丸佳浩両選手の人的補償として、巨人生え抜きの内海哲也、長野久義が、それぞれ放出されることになったのだ。 「2人とも、原第二次政権から長年チームを支え続けた巨人の看板。そんな選手を手放したとあって、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング