王貞治、荒木大輔、KKコンビ…レジェンドたちの「甲子園秘話」

日刊大衆 / 2019年7月21日 6時0分

甲子園を舞台に、まもなく高校球児たちの熱い夏が始まる。振り返れば、球界のスターたちも、かつてこの地で戦っていた。 “世界の王”こと王貞治(元巨人)は、戦後最初の甲子園のスターと言えるだろう。早実の投手として、1年の夏から4回連続で甲子園に出場している。「2年生の春には、エース兼4番として早実を初優勝に導き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング