写真

ジュニアでのリーグ戦文化の浸透を狙い、幸野健一は実行委員長としてプレミアリーグU-11を起ち上げた【写真:編集部】

■【幸野健一が挑む日本のスポーツ文化改革|第4回】ジュニア年代でリーグ戦文化のある欧州と“負ければ終わり”が多い日本2015年、幸野健一は自ら実行委員長としてプレミアリーグU-11を起ち上げた。初年度に参加を表明したのは7県だけだったが、今では31都道府県に広がり、約7000人がプレーし3000試合前後をこなす規模にまで発展している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング