女王エネイブル、敗戦にも陣営が「満足」と語るワケ 「完璧なパフォーマンスだった」

THE ANSWER / 2020年7月6日 19時33分

■今季の始動戦は逃げたガイヤースを捕まえられず2着競馬のG1エクリプスステークス(英サンダウンパーク・芝1990メートル)が5日に行われ、現役世界最強馬、エネイブル(牝6・英国)は2着に敗れた。圧倒的な支持に応えられず、昨秋の凱旋門賞に続く連敗となったが、管理するジョン・ゴスデン調教師は「完璧なパフォーマンスだった」とポジティブに振り返っている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング