決勝の“ピッチ乱入事件”は「一番愚かな行い」 海外ファン怒り心頭「言葉を失う」

THE ANSWER / 2018年7月17日 10時6分

■決勝に水を差した乱入者騒動の波紋が拡大サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は、決勝でフランスがクロアチアを4-2で破り、20年ぶり2度目の優勝を飾り幕を下ろした。試合中にピッチに乱入者が現れるハプニングが発生。その際のクロアチア代表DFデヤン・ロブレンの怒りの制裁が話題を呼んでいたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング