セリーナ暴言、渦中の主審に全米協会長が謝罪 1度は女王擁護も、事実誤認で

THE ANSWER / 2018年9月14日 14時2分

■セリーナから暴言を受けたラモス主審に米テニス協会のアダムス会長が謝罪テニスの4大大会、全米オープン女子シングルスを制した世界ランク7位・大坂なおみ(日清食品)。決勝戦の相手となったセリーナ・ウィリアムズ(米国)はカルロス・ラモス主審に暴言を吐き、ラケット破壊などの醜態を見せた後、記者会見で性差別を主張。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング