名門エール大チェンが40点差V “文武両道”貫徹に意欲「完璧を目指して努力する」

THE ANSWER / 2018年10月21日 10時36分

■今季からエール大進学のチェンがGP第1戦スケートアメリカ圧勝フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは20日(日本時間21日)、男子フリーでショートプログラム(SP)首位のネイサン・チェン(米国)が189.99点をマークし、合計280.57点で優勝。今季から名門エール大に進学した文武両道の世界王者は「完璧を目指して努力する」と語っている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング