紀平梨花、世界最高得点の衝撃に海外記者も続々驚愕 「彼女の存在は現実なのか?」

THE ANSWER / 2018年12月7日 15時33分

■ザギトワを抑えて首位に立った紀平の衝撃の得点に海外も続々反応フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子のショートプログラム(SP)では紀平梨花(関大KFSC)が完璧な演技を披露。82.51点の今季世界最高得点をマークし首位に立った。2位は77.93点で平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ。坂本花織(シスメックス)は70.23点で4位。宮原知子(関大)は67.52点で6位だった。紀平はドビュッシーの「ClairdeLune」のメロディーに乗せて優雅に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング