ザギトワ「私はただナーバスだった」 悔しい2位発進「切り替えて進まなければ」

THE ANSWER / 2018年12月7日 17時35分

■ザギトワはノーミス演技も2位発進に反省しきりフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子のショートプログラム(SP)では紀平梨花(関大KFSC)が完璧な演技を披露し、82.51点の今季世界最高得点で首位に立った。平昌五輪金メダリストでファイナル連覇を目指すアリーナ・ザギトワ(ロシア)もミスはなかったが77.93点で2位。紀平との差は4.58点。7日(同8日)のフリーで逆転を狙う。まさに異次元の戦いだった。ザギトワも決して悪くはなかった。しかし上がいた――。3つのジャンプはしっかりと決めて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング