錦織に壮絶敗戦… 世界176位の奮闘に海外メディアも拍手「長きに渡り記憶される」

THE ANSWER / 2019年1月16日 7時13分

■負傷棄権も善戦したマイクシャクに労いの声「同情せざるを得ない」テニスの4大大会・全豪オープンは15日、男子シングルス1回戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が3-6、6-7、6-0、6-2、3-0の時点で同176位カミル・マイクシャク(ポーランド)の棄権により2回戦進出。一方、予選から勝ち上がった23歳は負傷により無念の敗退となったが、2セット先取するなど錦織をギリギリまで追い詰める奮闘。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング