写真

初戦で敗退した錦織圭【写真:Getty Images】

■番狂わせ演じたラヨビッチの美技にATP脚光「ニシコリを呆然とさせた」テニスのマイアミ・オープンは22日(日本時間23日)、男子シングルス2回戦で世界ランク6位・錦織圭(日清食品)が同44位ドゥシャン・ラヨビッチ(セルビア)に6-2、2-6、3-6で逆転負けを喫した。番狂わせを演じたラヨビッチは第2セットに錦織も動けない絶妙スライスショットを炸裂。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング