写真

小林陵侑【写真:Getty Images】

■ジャンプ強国ドイツのメディアが252メートル大ジャンプに脚光ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子個人最終戦となる第28戦(スロベニア・プラニツァ)は24日、個人総合優勝を決めている小林陵侑(土屋ホーム)が合計464.9点で歴代2位タイとなるシーズン13勝目を挙げた。1本目にマークした自身の日本最長記録を4メートル更新する252メートルの大ジャンプを海外メディアが動画で公開。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング