写真

タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】

■優勝を引き寄せた16番でのパーフェクトなショットに相次ぐ喝采米男子ゴルフの4大メジャー初戦「マスターズ」最終日は14日(日本時間15日)、首位に2打差の2位から出たタイガー・ウッズ(米国)は70で回り、通算13アンダーで14年ぶりの復活Vを飾った。優勝へ大きく前進したのは16番パー3での完璧なベタピンショットだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング