井上尚弥、戦慄の瞬間に撮られていた“無慈悲写真”に本人驚き「このアングル斬新だ」

THE ANSWER / 2019年5月20日 14時3分

■分かれたロドリゲスとの明と暗、WBSSが「象徴的」と公開した1枚に本人も反応ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。衝撃のKOシーンは世界のファンを驚かせたが、大会公式ツイッターがなんとも印象的な写真を公開し、話題を集めている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング