写真

スコットランド代表【写真:Getty Images】

■ドッドソン氏の強硬発言に対する処分、スコットランド協会は謝罪を拒否ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で台風による10月13日の日本―スコットランド戦の開催を巡り、スコットランド協会最高経営責任者のマーク・ドッドソン氏が中止の場合、法的措置も辞さないなどの強硬な発言が問題だったとして、国際統括団体ワールドラグビー(WR)は同協会に対し、7万ポンド(約980万円)の罰金を科し、謝罪を求めていた問題が着地を迎えた。スコットランド協会は謝罪を拒否。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング