井上尚弥のPFP3位は妥当? リング誌編集長、海外異論を否定「最強と戦い続けている」

THE ANSWER / 2019年12月16日 10時33分

■公式ツイッターでリング誌編集長がファンと舌戦「イノウエはトップ3に相応しい」ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝でWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)がノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。米リング誌では全17階級のボクサーの実力を格付けした「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」では3位にランクされているが、同誌のダグ・フィッシャー編集長は公式ツイッターで井上への激愛ぶりを披露している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング